日本化学繊維協会について

主な活動

日本化学繊維協会は、わが国化学繊維産業の健全な発展を図ることを設立目的としています。 このため、生産から消費に至るまで化学繊維を取り巻く内外の諸問題に対応し次のような幅広い分野で事業を行っています。

(1)化学繊維産業の安定と発展の為に

産業界の意向を繊維行政や税制などの各種の政策に反映させています。このため、諸法令の改正や改善に関する政府、関係機関への積極的な働きかけを行っています。

化学繊維産業の安定的発展はもとより関連業界(原料、紡織加工、アパレル等)と の連携、協調を通じて繊維産業全体の地位向上に努めています。

環境保全型・省エネルギー型・省資源型産業として地球環境の保全に貢献すると同時に、リサイクルへの対応や化学繊維産業の持つ技術と製品によって地球環境保全へ寄与するなど環境問題に積極的に取り組んでいます。

会員会社の従業員の健康管理と安全な労働環境づくりのための対策、調査研究を行っています。

繊維業界の明日を担う「人づくり」を目指して、繊維系大学に対する寄付講座の支援などの人材育成事業を展開しています。

化学繊維産業と製品について正しい認識を高めるために、マスコミを対象とする広報活動や消費者を対象とするコンシューマーサービス活動を展開しています。

(2)国際協調を目指して

繊維貿易をめぐる国際的な協調の実現を目指すため、政府や国際機関に対して産業
界の立場を説明、理解の促進に努めています。

中国、韓国、台湾をはじめインド、パキスタン、その他アセアンなど広くアジアの諸国と地域、更には欧米の市場動向の把握や相互理解を深めるため、情報交換や現地調査の実施、さらには、業界首脳の交流を図る活動を行っています。

(3)化学繊維の需要拡大の為に

内外各種の情報源をもとに、化学繊維産業をめぐるニュースを収集・分析して、会員に情報を提供しています。

化学繊維の需要実態を把握し、将来の需要予測などの基礎になる内外の統計データの収集・加工・発信などの活動を展開しています。

今後需要の拡大が期待される航空宇宙分野、土木・建築分野、海洋開発分野、医療・衛材分野等において市場開拓を進めるため、シンポジウムやセミナー、展示会の開催などの情報発信、内外の官学や異業種との連携推進などに積極的に取り組んでいます。

消費者やユーザーが安心して製品を購入できるよう、化学繊維製品の標準化を積極的に進めるとともに、標準化の戦略的な推進により化学繊維の需要拡大に資する取り組みをしています。

(4)化学繊維産業の経営効率化の為に

エネルギー・原料需給動向への適確な対応、物流合理化、更には税制改正要望活動などを通じて、コスト軽減対策に取り組んでいます。

商標、特許、品質表示などの知的財産権、情報・通信システムなどに関する調査研究、関連官庁や業界との情報交換等を通じ、会員の経営効率化に寄与します。

このページについてのご意見・ご感想をどうぞ!
ページのトップへ