日本化学繊維協会について

会長挨拶

会長
日本化学繊維協会
会長
(東レ株式会社
代表取締役社長)

日本化学繊維協会は、我が国の化学繊維産業の健全な発展を図ることを目的として1948年に設立され、繊維原料、紡織・加工、アパレル等の関連各業界との連携を図りながら、生産から消費にわたる化学繊維を取り巻く国内外の諸課題に対応してまいりました。

近年は、高機能繊維や高性能繊維等の先端繊維素材に軸足を移し、先端繊維素材シンポジウムの開催、日仏繊維産業協力への参画、炭素繊維協会との統合、高機能・高性能繊維に係る標準化の推進など、新たな取り組みに挑戦しております。

一方、TPP締結やASEAN新興国市場の高度化による先端繊維素材の新規市場開拓チャンスの到来、AIやIoTの発達、地球環境問題の多様化など、不連続変化の時代への対応が益々必要になっております。

こうした環境の中、化繊協会は2016年度の活動方針として、重点事業である①先端繊維素材の情報発信事業、②国内外の事業者や団体等との連携推進事業、③我が国の先端繊維素材の優位性を高める標準化事業の推進を引き続き進めるほか、④TPPを契機とした米国市場開拓に資するサプライチェーン構築支援事業、⑤2020年に向けて化繊協会のあるべき姿を描く中期計画の策定等、を掲げております。

私たちは時代が求める先端繊維素材の市場開拓に努め、繊維及び関連する業界の皆様と協力し、化繊業界の発展を通じ、新たな社会の変化に向けて貢献していく所存です。今後とも変わらぬご支持・ご支援をお願い申し上げます。

2016年7月
このページについてのご意見・ご感想をどうぞ!
ページのトップへ