日本化学繊維協会と炭素繊維協会は
2014年7月1日に統合しました

会長挨拶

日本化学繊維協会は、我が国の化学繊維産業の健全な発展を図ることを目的として1948年に設立され、原料、紡織・加工、アパレルなどの関連各業界と連携を図りながら、生産から消費に至るまでの化学繊維を取り巻く国内外の諸課題に対応してまいりました。

日本の化繊業界は、高機能・高性能繊維を中心とした先端繊維素材の開発と普及などを通じて世界をリードし、社会課題へのソリューションを提供する新しい価値の創出を目指しております。

近年では、リサイクルやバイオマス素材の活用など環境への意識が高まっており、化繊産業が自らの社会的責任を果たすことが、以前にも増して重要な課題となっております。また、世界情勢が刻々と変化するなか、感染症対策としてのマスクや防護服など医療、衛生用途のほか、繊維複合材料の金属代替による省エネへの貢献など、化繊産業の素材供給の重要性が一層増しております。

このような状況下、日本化学繊維協会では昨年度に策定した5年間の「中期活動方針2025」に基づき、①サステナビリティの推進、②競争力の基盤維持・強化、③情報発信の拡充、の3点を協会活動の方向性に掲げ、2022年度は環境・人権配慮、サプライチェーン強靭化や原燃料価格上昇等の直面する課題に対応しつつ、日本の化繊産業の競争力の基盤維持・強化に取り組んでいく所存です。

私たちは、繊維および関連する業界の皆様との協力により、先端繊維素材の普及拡大を通じて安心・安全で持続可能な社会を実現するとともに、世界の人々を豊かにすることに貢献してまいります。今後とも変わらぬご支持とご支援をお願い申し上げます。

2022年7

日本化学繊維協会 内川会長 (帝人株式会社 代表取締役社長執行役員CEO)